ベランダ緑のカーテン

やさしいマンションベランダ「緑のカーテン」

グリーンカーテンプロジェクト

園芸支柱で作製
突っ張り物干し活用
保水性タイル
コロナ対策
捨てられる軽い土
つる性植物育て方

マンションベランダの南西向きの中層階で毎年「緑のカーテン」を作っています。マンションベランダでの緑のカーテンの参考になればと思い、今までに経験したことを備忘録としてまとめました。

2020年の冬は1898年の統計開始以来最も平均気温が高く、記録的な暖冬になったそうです。地球温暖化は、ますます進んでいるのではないかと心配しています。

地球温暖化にほんのちょっとでも貢献できればと、緑のカーテンを始めましたが、異常気象のニュースを見ると、これからもがんばろうという気持ちになります。

緑のカーテン真夏の内側

室内の温度上昇を抑える

マンションベランダで、一番むずかしかったのは、ネットの張り方 です。ネットを張るのに大変苦労しましたが、ちょっと工夫するだけで、頑丈な緑のカーテンを作ることができました。

当然のことですが、従来のマンションのベランダには、ネットを引っ掛けるフックや金具、ネットを固定するものが一切ありません。どうすれば安全にネットを張ることができるのか、そこから緑のカーテン作りが始まりました。

マンション緑のカーテン

最初の頃はどうしていいのか分からず、インターネットで調べたり、園芸本を読んだりして、いろいろと試してみましたが、うまくいかず失敗の連続でした。

いちばんの問題点は、ネットを張る支柱の固定方法でした。とにかく支柱が不安定なため、少し強い風が吹くと支柱とネットが大きくゆれることでした。園芸資材の落下や崩壊を心配するような有り様でした。

失敗しつつ何年か試行錯誤した結果、やっとうまくネットを張れるようになりました。これで丈夫な緑のカーテンを作れる目途がたちました。支柱が固定できればネットがぴんと張れるし、風が吹いてもネットがあまり揺れなくなり、強風がふいても安心していられるようになりました。

夏のマンションベランダ

特に日当たりのよいベランダは、真夏にはたいへん暑くなり、素足で歩けないほどの高温になります。この高温がベランダだけではなく、コンクリート床面から室内に伝わってきて、室内をいっそう暑くして、夜になっても室内は涼しくなりません。

マンションベランダの緑のカーテンの重要な点は、ベランダ床面や窓や壁への直射日光を遮ることです。直射日光の当たる時間や面積が減れば、ベランダから室内に伝わる熱の量が少なくなるので、室内の温度上昇を抑えることができます。

園芸支柱で作製
園芸支柱でネット
  • 園芸支柱を縦横に使って、強風でも揺れが少ない頑丈な緑のカーテンの作り方です。
  • メインの垂直支柱を1個作るのに、5分程度の短時間で完成します。
  • 作成手順を参考にして、頑丈な緑のカーテン支柱を作ってみてください。
突っ張り物干しで作製
緑のカーテン
  • 支柱を固定する金具やフックがなくても、ベランダの床と天井が平面であれば、どこにでも設置できるので、突っ張り物干しなら、何とかなりそうだと感じました。
  • 実際突っ張り物干しを使ってみると、きれいに園芸ネットを張ることができただけでなく、頑丈に張れたので、安全性が高まりました。
PR
ベランダ突っ張り物干
  • アイリスオーヤマのステンレスベランダ物干しは、物干し竿は別売りなので、園芸用支柱で代用できます。
  • 取り付け簡単で、なおかつ突っ張り棒にバネが入っているので、頑丈に固定できます。
保水性タイル
保水性タイル
  • 照り返し緩和するために、保水性の連結タイルを敷いて、ベランダの温度上昇を緩和。
  • タイルの上に水をまくと、内部に染み込んで、打ち水効果が期待できる。
  • 特別な工具を使うことなく、誰にも簡単に敷くことができ、工具不要!
殺虫剤は使わない
へちまの実
  • ホームセンターで売っている家庭菜園用の農薬は、ゴミとして捨てられません。
  • 殺虫剤、殺菌剤、除草剤などは、処分するのに大変苦労すると思います。
  • ごみとして出せないので、使い切ることしかありませんが、量が多いと処分に困ります。
底面給水プランター
底面給水プランター
  • 水遣りが楽な底面給水プランターを満水にすると、2~3日水やりをしなくて済む。
  • 真夏の晴れの日は、2日間水をやらなくても大丈夫でした。日陰にプランターを置くなど工夫すれば、もう1日位は何とかなりそう。
コロナ対策
夏青空
  • 換気するので、暑い外気が入り寝苦しいし、エアコンを付けっ放しにすれば、電気代もかさみます。そこで、「緑のカーテン」はいかがですか。
  • 特にベランダ床面への直射日光を遮ぎれば、ベランダから室内に伝わる熱が少なくなり、夜は扇風機だけで快適。


土は毎年再利用

土については最初の頃は余り考えていなかったが、これは当初から頭の痛い問題でありました。

私の住んでいるところは、土はごみや粗大ごみとして出せず、専門処理業者に高い料金を払って、有料で引き取ってもらうしかなかったからです。

そこで、土は捨てずに毎年リサイクルすることにしました。暖かくなったら、土の再生材を混ぜてから、苗を植えています。

これだけで、ゴーヤやへちまはふつうに育ち、もちろん実も生ります。もう何年もこの方法でやっていますが、問題はありません。ただし連作は避けて、3年周期で栽培しています。

捨てられる軽い土
軽い捨てられる土
  • 園芸土は、ゴミとして捨てられないので、専門業者に有料で引き取ってもらうしかないが、トラックで回収に来るので料金が高い。
  • ヤシの実の殻で作られているので、ゴミとして捨てられ、なおかつ軽いので、ベランダにもやさしい一石二鳥の優れものです。
園芸土の再利用
軽い捨てられる土
  • 私が住んでいる地域は、土をごみや粗大ごみとして出せません。
  • 古い土に園芸土再生材と有機肥料を混ぜて再利用。
  • 毎年同じ土を使い続けるので、年ごとに違う種類の植物を植えるようにしています。
PR
ごみとして捨てられる
  • 14Lで3.5kgと軽量なので、マンション向き
  • ココヤシ殻や炭などの天然素材でできている

集合住宅向きつる性植物

いろいろと制約のあるマンションベランダで緑のカーテンを作ることは、戸建の庭とは環境が異なるので、ネットの張り方だけではなく、マンションに適したつる性植物を選ぶことも大切です。

たとえば、見ているだけでも楽しい「つる性植物でガーデニング」という園芸本には、定番のゴーヤや朝顔も含めて100種類のつる性植物が紹介されていますが、マンションベランダに適した植物はたくさんありません。この本は、とても参考になりました。

育てやすいへちま
へちま
  • 葉は大きく、肉厚。水を十分与えれば、太いつるが長く伸びるので、強い日差しをさえぎってくれる。
病気に強いゴーヤー
ゴーヤー
  • ゴーヤは、病気にかかりにくく、暑さにも強いので、マンションベランダの緑のカーテンに最適です。
宿根朝顔は越冬する
宿根朝顔
  • 意外と簡単のは、宿根朝顔です。つるが勢いよく伸び、子づるもたくさん出てきてよく伸びます。
殺虫剤は使わない
あさがお
  • 家庭菜園用の殺虫剤、殺菌剤、除草剤などは、ゴミとして捨てられません。
  • 使い切るしかありませんが、量が多いと処分に困ります。
7月からも間に合う
ゴーヤ苗
  • 苗が残っています。ホームセンターより花屋さんに行きましょう。
  • 売れ残りの苗は、つるが延びているので、見た目は悪くても太いつるの苗を選べば、緑のカーテンが完成します。
マナー
  • マンションでは、上下・左右など近隣住戸へ配慮。
  • 特に落下物や飛散物のないように注意しましょう。
  • 高層階(おおむね10階以上)では、強風対策を必ず行ってください。
遮光シート効果
  • へちまやゴーヤの葉のしおれ方が少なくなった
地球温暖化対策の最新の知恵をみんなで楽しくシェアをするための検索サイト
低炭素アクション

CO2削減・夏の節電対策としてゴーヤ・ヘチマ・アサガオなどのつる性植物を育てて作る「グリーンカーテン」推進サイト
グリーンカーテンプロジェクト

スリット鉢
  • 大きめのスリットがあるため通気性が良い
簡単水やり
  • 泊りの旅行ができる水遣り方法